最新記事

プロフィール

管理人:あるびといっしょ
新潟在住のアルビサポです。

一緒にアルビレックス新潟を応援しましょう!!

カテゴリ

タグ

月別アーカイブ

オフサイドを無視したらイエローカード?

2013年4月23日
にほんブログ村 アルビレックス新潟へ

サッカーをより詳しくなるシリーズ
 
久しぶりの復活です。
 
今日のテーマはオフサイドを無視した時のイエローについてです。
 
 
ちょっと古い話題ですが、今日明日とナビスコなので書きます。
ナビスコ予選リーグ第4節 C大阪 2-1 FC東京戦で播戸選手が退場する場面がありました。
後半43分に途中出場してわずか4分後のことです。
あまりにも早い退場だったのでハイライト番組などでご存知の方も多いと思います。
 
動画ありました。

 
 
1枚目のイエローはよいとして、問題は2枚目のイエローです。
「オフサイドフラッグが上がり主審が笛を吹いたのにも関わらずシュートした。」
これが原因で2枚目のイエローをもらい退場しました。
 
そもそもこの警告はどういう理由なのでしょうか?
 
 
競技規則を見てみます。
サッカー競技規則

 
競技規則 第12条 ファウルと不正行為より
 
 
警告となる反則
 
競技者は、次の 7項目の反則のいずれかを犯した場合、警告され、イエローカードを示される。
・反スポーツ的行為
・言葉または行動による異議
・繰り返し競技規則に違反する
・プレーの再開を遅らせる
・コーナーキック、フリーキックまたはスローインでプレーが再開されるときに規定の距離を守らない
・主審の承認を得ず、フィールドに入る、または復帰する
・主審の承認を得ず、意図的にフィールドから離れる

 


上記の「プレーの再開を遅らせる」に該当します。遅延行為のことです。
(私は反スポーツ的行為なのかなぁと思いましたが、間違っていました。恥ずかしい・・・)
 
 
播戸選手のプレイは故意ではないと思いますが、ファールはファール。
(おそらく笛が聞こえなかったのだと思います。)
ただ、播戸選手はすでに1枚イエローをもらっているんですよね。
この判定は厳しいように思いますが、競技規則通りにジャッジしていると言えばその通りです。
うーん。難しい。。
 
この記事を書いて思いましたが、主審のジャッジにはイエローの枚数は関係ないですよね。
試合を上手くコントロールする為には必要なことかもしれませんが、
競技規則には「2枚目のイエローは慎重に判断せよ」なんて書かれていません。
 
協会としてはどのように指導しているのでしょうか?
ご存知の方いましたら教えてください。m(_ _)m

スポンサーリンク

 | 2013年4月23日 18:30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは承認制です。