最新記事

プロフィール

管理人:あるびといっしょ
新潟在住のアルビサポです。

一緒にアルビレックス新潟を応援しましょう!!

カテゴリ

タグ

月別アーカイブ

「新潟は貧乏だから勝てない」は違う

2012年10月29日
にほんブログ村 アルビレックス新潟へ

今日はお金のお話です。
 
優勝争いを繰り広げている、広島、仙台は予算が少ない地方チームですよね。(仲間です。)
でも、初のJ1タイトルがすぐ手の届くところにあります。
 
この2チームと新潟の違いってなんでしょう?
 
新潟は貧乏だから悪いんだ。
金が無いから駄目なんだ。

 
そんな意見が多いですが、予算の少ない2チームが優勝争いをしている事実は無視できません。
もはや貧乏を理由にすることは出来ないのです。
 
監督や選手が優良だからだよ。
ってごもっともな意見は一旦無視して、クラブ運営の話で行きます。
 
 
まずは予算規模です。昨年と今年の予算規模は、それほど変化が無いと思います。
2011年度のクラブ決算を見てみます。
 
売上
  新潟 22億2千万
  広島 26億7千万
  仙台 20億9千万
 
仙台より売上は多いのです。
問題は出費に関してです。
 
人件費
  新潟 8
  広島 13億2千万
  仙台 10億
 
2チームと比較すると明らかに少ないです。
売上に対する人件費の割合を出してみましょう。
  新潟 36%
  広島 49%
  仙台 47%
 
広島は売上の半分を人件費で使っています。
一方、新潟は1/3・・・
他のチームで、人件費の割合が少ないチームは、
浦和  35%(18億8千万)
横浜FM 41%(14億4千万)
磐田  41%(12億9千万)
※括弧は人件費
浦和に近い割合です。しかし、浦和は人件費が18億円と新潟とは比較になりません。
 
J1では、金額、割合共に異常なほど人件費が少ないチームなのです。
 
もし、広島や仙台のように売上の50%を人件費として出せたとすると、11億円です。
追加で3億円分の選手を獲得することが出来るのです。
 
3億円あったら、優良ブラジル人を獲得出来ますし、おつりで優良日本人も獲得出来るかもしれません。
もちろん、選手の年俸を上げることも出来ます。
 
ちなみに新潟の選手年俸の合計は推定4億円です。(2012年度)
これに、監督の年俸、スタッフの給与、勝利給、移籍金、レンタル料がプラスされて8億円です。
3億円の予算追加は、極端ですがトップチームの選手を倍雇えるということです。
 
 
 
なぜ人件費がここまで少ないのでしょうか?
 
ポイントは人件費以外の出費です。
「試合関連経費」、「トップチーム運営経費」、「アカデミー運営経費」、
「女子チーム運営経費」、「販売費および一般管理費」
新潟はこれらの金額が高いのです。
広島、仙台と比較してみます。
 
■経費

新潟 広島 仙台
試合関連経費  2億7千万  2億1千万  1億1千万
トップチーム運営経費  2億5千万 2億5千万 1億5千万
アカデミー運営経費 1億1千万 1億2千万 7千万
女子チーム運営経費 2千万 0 0
販売費および一般管理費  7億8千万 7億5千万 6億9千万
合計  14億3千万 13億3千万 10億2千万

 
売上が4億も違う広島より1億円も多く出費しています。
これでは人件費にお金を回せません
 
 
削れそうな経費を探ってみます。
 
試合関連経費
・・・興行に関わる経費です。スタジアム利用料や警備員、販売員などの人件費などが内訳です。
これはスタジアムの規模や、観客動員数に密接に関係してくる金額と言えます。
妥当な金額なのかどうかが気になります。
 
トップチーム運営経費
・・・クラブハウスの運営費や遠征費などが入ります。
この金額が大きい=立派な施設があるということなので、選手誘致を考えるとあまり削りたくない項目です。
 
アカデミー運営経費
・・・ユースやジュニアユースの運営費です。監督やコーチの報酬、遠征費などが入ります。
育成クラブとしては高くなるのは仕方ないように思います。
しかし、例えばユースの育成に定評があるG大阪は8千万と安いです。
新潟は全クラブの上から6番目に高い金額です。
ユースからの生え抜きで成功しているのが高徳だけなので、先行投資の意味合いが非常に強いです。
 
女子チーム運営経費
・・・新潟レディースの運営費です。
レディースチームを持っているチームだけ経費が掛かります。
こればかりは仕方ないと思います。
 
販売費および一般管理費
・・・株式会社アルビレックス新潟の人件費が入る項目です。
人件費以外にも、広告費や旅費、通信費、クラブハウス(事務所)の管理費が内訳として入ります。
他クラブの割合で見ると、新潟の金額は高いようです。
 
 
この中から削れるとしたら、、、
アカデミー運営経費と販売費および一般管理費の2つでしょうか。
より合理的に運営すれば、もっと人件費に予算が回せるはずです。
 
 
おわりに。
私は、もっと選手獲得に力を注いで欲しかったと思っています。
無い袖は振れないかもしれませんが、人件費の低さは異常です。
他の勘定の割合は高いのですから、合理化を進める余地はあったと思います。
シーズン途中の補強が坪内だけって・・・
 
この話は株式会社アルビレックス新潟が企業努力でクリアする課題です。
売上UPを重点にスポンサー獲得を狙うのか、切り詰めて合理的にいくのか。
 
・・・
やはり、トップの責任は大きいです。
 
長文になってしまいました。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 | 2012年10月29日 21:20

コメント

  • 新潟というクラブの闇が浮き彫りになった感じですね。
    一番大事にしなければならない人材に一番金を出し渋っているのが明らか。
    試合関連経費もN●Gの学徒動員があるのに、仙台の倍ですか・・・
    新潟はいつも「金無い金無い」とフロントがサポを洗脳して「降格も
    やむなし」みたいな雰囲気になってますが、実は優勝争いしている仙台より
    売上が高いという。気になるのはオフィシャルでも「残留」って言葉を使っていないような。「心に太陽を」みたいな現実逃避の合言葉ばかりで危機感が感じられず、「WE ARE ONE」なんてやり出すのも遅すぎですよね。
    このままだとJ2でも益々尻つぼみになる気がします。経営陣は全て刷新して
    出直して欲しいです。

    通りすがり | 2012年10月29日 22:53

  • >通りすがり さん
     
    コメントありがとうございます。
     
    確かに"闇"ですよね。上場してれば別ですが、非上場なので運営が不透明で闇だらけです。
    >一番大事にしなければならない人材に一番金を出し渋っているのが明らか。
    その通りです。チームが強くなければ集客増&スポンサー獲得に繋がらないのは当たり前ですよね。
     
    オフィシャルはたしかに・・・「心に太陽を持て」って言われても・・・
     
    刷新は賛成です。何も行動に移さなかったら組織としてありえないです。

    あるびといっしょ | 2012年10月30日 18:46

  • G大阪のユースに関してはむしろ失敗事例だと思います。高円宮杯の成績を見ると近年はC大阪や京都・神戸といった関西圏の他のクラブに遅れをとってるわけですし、近年は宇佐美など少数の例外を除いてトップチームへの選手の供給が止まっています。ガンバ降格の大きな要因として、ユースの没落とそれに伴う若手選手の供給がなくなった事を上げてもいいと思います。参考にはできないかと。
     
    広島ユースはご存知のとうり日本最強のユース組織です。高円宮杯では常に優勝を争い、日本代表級の選手を何人も出しています。こっちは逆に今年広島が優勝する原動力になったと思ってます。
     
    アカデミーに関してはある程度支出してる広島をこそ参考にすべきで、G大阪はむしろ反面教師とするべきだと思います。

    さすらいの鳥栖サポ | 2012年12月8日 07:52

  • >さすらいの鳥栖サポ さん
     
    コメントありがとうございます。
     
    非常に参考になりました。
    G大阪ユースは近年成績が悪いのですね。
     
    貴重なご意見、ありがとうございました。

    あるびといっしょ | 2012年12月8日 16:35

  • ごく最近アルビファンになったので興味深く読ませていただきました!
    昨年の記事ですが、その後こうした問題は解決に向かってるのでしょうか。
    アルビレックスの財政采配がどうなってるのかわかりませんが、
    やっぱり選手や監督、若手人材などに割いてほしいですね。プロですから。

    にわかサポ | 2013年5月28日 16:06

  • >にわかサポ さん
     
    コメントありがとうございます。
    アルビファンになったようで、仲間が増えてうれしいです。
     
    >その後こうした問題は解決に向かってるのでしょうか。
     
    私も気になるのですが、2012年度の決算が公表されていませんので分かりません。
    ですが・・・今年の選手層を見てみると、変化はあまり見られないと思います。
    年俸総額では昨年と同額程度だと推定されます。
     
    >やっぱり選手や監督、若手人材などに割いてほしいですね。プロですから。
     
    本当にその通りです。

    あるびといっしょ | 2013年5月28日 23:28

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは承認制です。