最新記事

プロフィール

管理人:あるびといっしょ
新潟在住のアルビサポです。

一緒にアルビレックス新潟を応援しましょう!!

カテゴリ

タグ

月別アーカイブ

現実を見ろ

2012年10月12日
にほんブログ村 アルビレックス新潟へ

さ!切り替えましょ!
 
なんて言ったのですが、ちょっと天皇杯をプレイバック。
 
ヤンツーさんの試合後のコメントが気になりました。
 
―――――――――――
「負けて本当に悔しいし、残念。
今日のゲームでチャンスをつかんだ選手は何人かいる。
ただ、つかみそこねた選手もたくさんいる。
天皇杯は終わったので、新潟にとって明確に次の目標が決まった。
リーグ戦の残り6試合に向けてしっかり戦っていく」
 
Q:狙い通りの試合はできたのか。
「やることはトップの選手たちと同じ。
それができているときと、できていないときがあった。
できていないときの方が多いので、こういう結果になった」
 
Q:リーグ戦の残り6試合に向けては。
「1試合1試合、勝っていくしかない。チャンスをつかみそこねた選手が、
トレーニングでまた信頼を取り戻すというのはなかなか難しいはず。
それくらいの覚悟で、スタッフも今日は臨んでいた。
でも、それに応えてくれた選手というのは少なかった。見ていて分かると思う。
サポーターの人たちは本当に応援してくれているが、自分だったらブーイングしている。
それくらい期待している選手がやってくれなかった。非常に残念。
あとはトレーニングで やっていくしかない。今いる選手たちで6試合戦っていく」

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00145145.html
―――――――――――
 
 
あくまで私の意見ですが
 
やはり最初から勝つ気は無かったのではないでしょうか。
本当に勝つ気があるならベンチメンバーを含めて、
ある程度メンバーを揃えると思うのです。
私はスタメンはサブ組だとしても、ベンチには主力を入れると思ったのですが、
結果はジンス、征也、ブルロペだけですよね。
三門、ミシェウは入れるべきだったと思います。
 
もちろんプロですから、サブ組でも勝つ自信はあったと思います。
勝てれば選手やサポーターも自信がつきますが、
ヤンツーさんはあえてギャンブルを冒したのではないか。
そう思えるのです。
 
・今の新潟の実力はこんなもん。
・主力組とサブ組の力の差はこんなにあるんだよ。
・選手層が薄い。
・補強ポイントは明確でしょ。
・失われた時間(黒崎時代)はとても長いよ。

 
このメッセージをフロントに伝えたかったのではないでしょうか。
(もちろんサポーターにも)
 
現実を見ろ
 
そう言っている気がします。
 
現実を見た上で、今出来ることを、これからやっていくしかないんですよね。
 
ヤンツーさん、最近の表情を見るとキレてるというか、飽きれているように思えるのです。
それは選手やフロントに対してではないでしょうか。
(元々こういう顔の人なのかもしれませんが。)
難しい状況で新潟に来て、いろいろと奮闘していますが、
選手やフロントに危機感があまりない。
もちろん危機感を抱いている選手が多数だと思いますが、
一人でも「どうでもいい」なんて思っている人がいればチームは一つにはなれません。
この試合では、その「どうでもいい」と思っている選手が、
チームにいるのかどうかもチェックしたかったのかもしれません。
(菊地も確認したかった一人でしょう。)
 
一番メッセージを伝えたいであろう、危機感があまり感じられないフロント。
果たして分かってくれるのでしょうか。
 
 
 
>天皇杯は終わったので、新潟にとって明確に次の目標が決まった。
>リーグ戦の残り6試合に向けてしっかり戦っていく
 
ヤンツーさんが言いたいのは
 
J1残留
天皇杯優勝
 
という二つの目標を目指す(背負う)程、今の新潟には余裕が無い。
ってことですよね。
 
J1残留
 
これだけを目標に今後戦っていくわけです。
 
 
いろいろ考えさせられるヤンツーさんのコメントでした。

スポンサーリンク

 | 2012年10月12日 18:17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは承認制です。