最新記事

プロフィール

管理人:あるびといっしょ
新潟在住のアルビサポです。

一緒にアルビレックス新潟を応援しましょう!!

カテゴリ

タグ

月別アーカイブ

入れ替え戦の必要性を考える

2012年10月3日
にほんブログ村 アルビレックス新潟へ

札幌の降格を機に、この問題を考えてみます。
 
J1・J2の入れ替え戦が2008年を最後に廃止されてから早4シーズン目となりました。
入れ替え戦の廃止から問題になっているのが、
J2の昇格チームが1年で降格する」問題です。
 
■J2 3位で昇格したチーム
2009年
  湘南←最下位で降格
2010年
  福岡←17位で降格(最下位山形とは勝ち点1差)
2011年
  札幌←J1史上最速で降格
 
入れ替え戦廃止後、3位で昇格したチームは、全チーム翌シーズンに降格しています。
(しかも成績が悪い)
 
理由としては、上記のチーム全てに該当するのが、予算が少ないことです。
(札幌の人件費予算は5億円です。これはJ1平均の半分以下です。)
J2優勝で昇格した場合は、スポンサー獲得など有利に働く可能性がありますが、
3位だと魅力に欠けます。
 
J1で戦うには少なすぎる予算で運営しなければならず、大型補強はできません。
結果、J2のメンバーで戦わざる終えなくなります。
しかしJ1とJ2はまったく違うレベルです。
一発勝負のカップ戦では、ジャイアントキリングのような事が起こり得ますが、
1年を通して戦うリーグ戦となると、勝ち続けることは難しいです。
 
Jリーグを活性化させるには、入れ替えを激しくするのは良いことだと思います。
しかし、それはJ2のレベルが高いことが条件です。
毎年1年でJ2へ逆戻りをしている現状を見ると、
J2のレベルはまだまだJ1との開きがあるように思えます。
 
J1のレベルを維持する為にも、入れ替え戦は復活させるべきです。
ましてや今シーズンからプレイオフまで導入されるのですから、
必要性は高くなります。
 
協会は再検討する時が来たのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 | 2012年10月3日 19:36

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは承認制です。