最新記事

プロフィール

管理人:あるびといっしょ
新潟在住のアルビサポです。

一緒にアルビレックス新潟を応援しましょう!!

カテゴリ

タグ

月別アーカイブ

【J1・2nd第11節 新潟0-1名古屋】達磨サッカーの限界…残留大一番落とす

2016年9月10日
にほんブログ村 アルビレックス新潟へ

J1 2ndステージ 第11節 9月10日(土)19:03

新潟 0-1 名古屋

【スタメン】

山崎
 
指宿        ラファ
 
レオ  野津田
 
コルテース          小泉
 
西村 増田 松原
 
守田

【交代】

71分 山崎 亮平 → 成岡 翔
79分 野津田 岳人 → 伊藤 優汰
85分 指宿 洋史 → 鈴木 武蔵

【警告】

なし

 
残留を懸けた大一番。引き分けの勝ち点1でも名古屋にプレッシャーを与えることが出来たのに、負けてしまうとは…。
弱い。本当に弱い。このポゼッションサッカーに未来はあるのか…
 
 
これで残留は崖っぷちです。というより残りの対戦相手を考えると終戦とも言える結果です。名古屋の出来はあまり良くはなかったと思いますが、勝利が一番の特効薬なのでこれで勢いづきそうです。
本当に残留が厳しくなりました。
 
6ポイントゲームをどうしてここまで落とせるのか。選手の問題もありますが、やはり指導者である達磨監督の責任が大きいです。
 
舞行龍が欠場で3バックを採用するのであれば、勝ち点1狙いでも十分だったと思います。後ろに人数を掛ける以上、どうしても攻撃は難しくなりますし。
だからこそ失点に繋がった、CKを与える前のプレイは軽率過ぎました。なぜ攻め急いだのか。そしてラファエルが倒されファウルだとセルフジャッジをして守備をしなかったレオも非常に残念なプレイでした。
このプレイを見て、このCKで失点するなと直感で分かりました。それくらい今季はこういうミスの直後に失点しますからね…。
まぁクイックリスタートはチームが一貫してやっているので監督の指示なのでしょう。
 
本当に舞行龍の欠場は痛かったですね…。今週の非公開練習は舞行龍を隠す情報戦と、システム変更をする為だったようです。大一番で急造のシステム変更はいかがなものかと思いますが…それくらい竜馬とマグの2CBは監督の信頼が無いのですかね。
そもそもユファンを出したのにCBの補強をしなかった時点で、この最悪な状況は予想できたと思います。今日は控えにCBが0。本職ではない松原をCBに起用しなければならないなんて…。これは強化部長の責任です。リスクを軽視し過ぎです。怪我人で苦しむのは昨季散々学んだことなのに…。
 
大事な大一番の試合でキャプテンをベンチに置くのもどうかと思います。お陰で中盤はレオの負担が大きくなりましたし、野津田も慣れないボランチの位置で良さが発揮できませんでした。小林をキャプテンに指名した以上、最後まで信じないと。
 
 
はぁ…。
守田は良くない頃の守田に戻ってしまいますし…もうどうすればよいのか…。メンタルトレーナーの補強は急務です。
負傷退場となった伊藤も非常に心配です。膝を痛めたので靭帯の可能性が高そうですが、軽傷であることを祈っています。
 
 
もう達磨サッカーの限界は見えていますし、残りの6試合は現実的なサッカーで勝ち点を稼いでいかなければなりません。達磨監督にそれが出来るのかどうか心配ですね…。まぁここまで自分のサッカーを貫く監督なので厳しいでしょう。正直、達磨監督を信じられません。
 
流石にクラブから何かしら動きが欲しいです。
名古屋は闘莉王選手を復帰させてフロントも勝利に向けて声明を出したり、破格の応援バスツアーを企画したりといろいろ動いて今回勝利を手にしました。
 
アルビのフロントもいい加減動く時です。

スポンサーリンク

 | 2016年9月10日 23:53

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは承認制です。