最新記事

プロフィール

管理人:あるびといっしょ
新潟在住のアルビサポです。

一緒にアルビレックス新潟を応援しましょう!!

カテゴリ

タグ

月別アーカイブ

レオ残留へ!川又堅碁に復帰オファー!

2016年6月17日
にほんブログ村 アルビレックス新潟へ
 

いやー激動の1週間ですね…(疲れます)
 
FC東京戦を前に朗報が飛び込んできました!フロント分かっていますね。
 
新潟、神田強化部長が断言「レオを出すつもりない」
http://www.nikkansports.com/soccer/news/1664582.html

 
名古屋FW川又に新潟が獲得オファー!14年夏まで所属の古巣
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/06/17/kiji/K20160617012797310.html

 
 
中日スポーツの飛ばし記事だと思っていたレオのオファーですが、本当にオファーが届いていたようです。それに対し神田部長は拒否することを明言したので、あとはクラブ間の交渉になるでしょう。
 
拒否するということは、魅力的な移籍金であっても、やはりチームにとってレオは必要との考えのようです。フロントの判断を支持します。
また記事では
 
>新潟とは複数年契約をしている。期間だけでなく、内容と照らし合わせても「(オファーを)拒否できる」(神田部長)
 
と書かれているので、もしかしたら名古屋は移籍金を満額提示ではなく減額してオファーを出したのかもしれません。満額ではない場合はクラブは本人の意思関係なくクラブ間交渉で拒否できます。ただ、今後さらに増額した再オファーに発展すれば状況は変わりますが、今のところは残留の可能性が高そうです。
新潟愛のあるレオなので、残ってくれるでしょう!
 
 
そして、驚いたのがまさかの堅碁獲得オファーです。
 
堅碁は名古屋移籍時のゴタゴタがあったので、もうアルビに戻ってくることは無いと思っていたのですが意外なオファーですね。フロントがオファーをするということは、あの時の舞台裏はまた少し違うのかもしれません。
 
堅碁もあの時はいろいろと大変だったと思うので、正直移籍の実現性は低いと思っていますが、堅碁が出場機会を求めているのであれば可能性はありそうです。
 
現在のFW陣は、エース・ラファエルが怪我で離脱中、指宿は怪我を繰り返しており万全な状態ではなく、山崎は最後の精度がなかなか上がらない、平松は起用されず、武蔵はこれからコンディションを上げる段階。
と頼りになる選手がいません…。それもあってか今は成岡や端山が起用され2人が活躍しています。苦戦しているFW陣なので、2ndステージに向けての補強ポイントであるのは確かかもしれません。
 
気になるのは、堅碁が達磨サッカーにフィットするかどうかということです。堅碁の出場機会が減った原因の1つに、ヤンツーさんがカウンターからパスサッカーに切り替えたことが挙げられます。カウンターであれば堅碁のゴールへの嗅覚は素晴らしいものがありますが、パスサッカーだと堅碁が生きるのかどうか…。
チームのスタイルにフィットしないのであれば、ヤンツーさんの時と同じ状況になる可能性があります。この点は非常に気になります。
 
また、もし堅碁を獲得するとなると、FWの人数は多過ぎるので誰かは移籍することになるでしょう。来る人がいれば出る人がいるわけで…これは怖いですね。
 
でもあのギラギラした闘争心は魅力ですよね。真のエース争いが勃発するかもしれません。
人気もありスタジアムを湧かすことが出来る堅碁が戻ってくれば、またイケイケになるかもしれません。2013年後半戦の再現、あるかもしれませんよ!
 
移籍ウインドウはまだ開かないので、続報を待ちたいと思います。

スポンサーリンク

 | 2016年6月17日 18:30

コメント

  • いつもながら鋭い分析、有難うございます。もしレオが残れば、契約金の上乗せを考えて欲しいものです。やはり正に、新潟の心臓部分を担ってくれていると思うのです。(赤字の財政とは思いますが)クラブ首脳陣の腕前、とくと拝見したいものです。「あるびといっしょ」様、今後ともご教示ください。宜しくお願い致します。

    ある吉 | 2016年6月17日 19:18

  • そもそもレオの年俸が、世間相場と比較して安過ぎる(5000万円)ということだと思います。
    年俸1億円で契約していれば、少なくともJ他クラブからのオファーは回避できたのではないでしょうか。
    例え複数年契約の途中であっても、高額年俸でオファーがあれば、年齢、実力的にピークの今、本人が移籍に傾くのは極自然なことだと思います。
    契約条件が大きく異なる場合はクラブ愛は通用しないと考えるべきでしょう。
    今回の移籍が回避できたとしても、来季以降は引き留めることは厳しいのではないでしょうか。
    川又復帰の話は、結果として、レオとのトレードみたいなことになりそうな気配です。
    クラブとしては、名古屋にしてやられたということにならなければよいのですが。

    hiroshi | 2016年6月17日 19:24

  • >>ある吉 さん
    コメントありがとうございます。

    あくまで個人的な見解ですが、今後ともよろしくお願いします。

    あるびといっしょ | 2016年6月18日 17:21

  • >hiroshi さん
    コメントありがとうございます。
     
    レオの年俸の件ですが、あくまでメディアによる推定年俸ですよね?個人的には推定年俸は参考程度にしています。そもそも本人や代理人がそう簡単に年俸を公にするはずがありませんので。
     
    私は実際はもっと高額で契約していると思っています。レオに関してはレンタル料が掛からないので、レオクラスであれば1億近くはフロントは払えるでしょう。さすがに5000万円ということは無いと思います。
    もし本当に5000万円であるのであれば、安過ぎるので是非フロントは増額を検討してもらいたいですね。そうしないと確かに引き留めることは厳しいと思います。

    あるびといっしょ | 2016年6月18日 17:30

  • 結局レオの移籍がなくなった事に伴い堅碁の移籍もなくなったんでしょうかね?名古屋で腐れて飼い殺しになるくらいなら新潟に戻って来ればいいのにと思いますが続報はないんですかね?

    kgo | 2016年7月23日 21:42

  • >kgo さん
    コメントありがとうございます。
     
    続報はその後書いています。「川又堅碁は名古屋残留決断
    オファーは断ったようです。その後スポニチも中日スポーツも続報は出していません。
    ましてや今の名古屋の現状を考えると在籍選手の放出はしないと思いますよ。

    あるびといっしょ | 2016年7月24日 00:13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは承認制です。