最新記事

プロフィール

管理人:あるびといっしょ
新潟在住のアルビサポです。

一緒にアルビレックス新潟を応援しましょう!!

カテゴリ

タグ

月別アーカイブ

【1st第13節 新潟0-0川崎F】決定機決められず…悔しい引き分け

2016年5月22日
にほんブログ村 アルビレックス新潟へ

J1 1stステージ 第13節 5月21日(土)19:04

新潟 0-0 川崎F

【スタメン】

山崎
 
達也        加藤
 
小塚  レオ
 
小林
 
前野          小泉
大野  舞行龍
 
守田

【交代】

46分 田中 達也 → 成岡 翔
81分 小塚 和季 → 伊藤 優汰
85分 山崎 亮平 → 指宿 洋史

【警告】

53分 前野 貴徳

 
開幕前の練習試合で8失点、ナビスコカップで5失点をしていた相手に無失点は評価できます。守備に関してはリベンジ成功です。が、勝てた試合ですよね…。
 
スタメンの発表メールで、まさかのフォーメーションをいじってきたので驚きました。安定していた4-4-2から4-1-4-1に戻すとは…。今季は相手に合わせてシステムを変更する方針のようですが、それにしても安定していたので、この変更は怖かったです。
 
しかし結果は安定していたので、やはり舞行龍をCBに入れることが目的だったのでしょうか。大久保選手という強力な選手がいるのでマグより舞行龍で安定させたかったのかもしれません。また、川崎Fの前線には高さがないことも考慮されたのかもしれませんね。4-1-4-1でも守備が安定してきたので、これは今後に向けて好材料です。
 
ここまで善戦するとは、アルビは本当に強くなってきました。残る課題は“決定力”ですね。(これは永遠の課題ですが…)
 
舞行龍のヘッドにマサルのシュート、そして指宿の大決定機、伊藤のシュートと決定機は多かったです。達也のシュートも惜しかったですね。
とくに指宿のあれは決めないとダメです。せめて枠内に蹴らないと…。途中出場ということで、上手く試合に入れていなかったのですかね。浮き球だったので難しいシュートだとは思いますが決めて欲しかったです。
ラファエルが不在の今、指宿などは絶好のアピールチャンスとなっています。エース不在でも得点力は落ちないように活躍しないと!
 
伊藤のシュートは相手のGKのファインセーブにやられました。舞行龍のヘッドに達也のシュートも止めましたしソンリョン選手、当たっていましたね。
 
うーん。決定機を決めていれば勝てたと考えると、本当に悔しいですね。ただ、川崎Fは強かったです。全員が集中した守備で最後まで体を投げ出したことで防ぎましたが、ザル守備だった頃のアルビだったら前半の川崎Fの決定機で決められていたでしょう。守備陣の最後まで負けない諦めない守備が光っていました。
また、パスミスやボールキープで奪われる場面も多く、あわやというシーンを作りましたが、他の選手がカバーをして防げました。カバーの意識は高いですし、本当に守備力は一気に上がっています。
 
この試合でもセーブを連発した守田は見ていて安心感が出てきました。すっかり復調しましたね。怪我を恐れず小林悠選手を飛び出しで止めたシーンはナイスファイト!
 
 
悔しい引き分けに終わりましたが、川崎Fには鬼門の復活を意識させることにも成功したかもしれませんし、この勝ち点1はポジティブに捉えたいと思います。
 
G大阪、浦和、川崎Fと強敵相手に無失点をしたことで、守備陣達の自信は本物になったと思います。これで今後も守備が安定するでしょう。
4連敗もありえた上位陣連戦で勝ち点3を獲得できたことはプラスです。3連続の無得点ですが、相手は堅守の3クラブだったことは忘れてはいけません。その相手に決定機を作れたのです。得点もあと少しで奪えると思います。
今後は勝ち点3が必須の戦いとなるので、無失点で抑えることができれば勝利は近づきます。
 
試合内容もどんどん良くなってきていますし、今後に期待です。
次節の仙台戦で勝ちましょう!
 
最後に
カズ、お子さんの誕生おめでとう!勝利で祝いたかったね。でも良い守備だったぞ!(まさかのマッチデーハイライトで発表とはw)

スポンサーリンク

 | 2016年5月22日 01:50

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは承認制です。