最新記事

プロフィール

管理人:あるびといっしょ
新潟在住のアルビサポです。

一緒にアルビレックス新潟を応援しましょう!!

カテゴリ

タグ

月別アーカイブ

開幕3戦「9失点」はクラブワーストタイ

2016年3月17日
にほんブログ村 アルビレックス新潟へ

開幕から3試合を終えて9失点というのはリーグワーストです。またJ2でも最多失点は8失点なのでJ1&J2合わせてもワーストの成績となります。
神戸戦の6失点が響いている結果ですが、毎試合失点をしているのも問題です。1試合平均にすると3失点なので1シーズンで考えると100失点ペースです。これはなんとかしないといけません。
 
今季の成績は過去と比較するとどうなのか、参考にJ1昇格後13シーズンの開幕3試合の結果をまとめてみました。
 
【J1 アルビレックス新潟 開幕3試合の結果一覧】

年度 順位 勝点 勝敗 得点 失点 得失差
2004 10位 4 1勝1分1敗 2 2 +0
2005 14位 3 1勝0分2敗 3 9 -6
2006 5位 6 2勝0分1敗 4 7 -3
2007 14位 2 0勝2分1敗 3 5 -2
2008 18位 0 0勝0分3敗 2 8 -6
2009 1位 7 2勝1分0敗 6 2 +4
2010 13位 2 0勝2分1敗 2 3 -1
2011 4位 5 1勝2分0敗 5 2 +3
2012 17位 0 0勝0分3敗 2 5 -3
2013 15位 1 0勝1分2敗 2 4 -2
2014 10位 4 1勝1分1敗 3 4 -1
2015 10位 4 1勝1分1敗 4 4 +0
2016 14位 3 1勝0分2敗 6 9 -3

 
9失点は2005年以来のワーストタイです。
また、監督交代後の成績で見てみると鈴木淳監督が7失点、黒崎久志監督が3失点、柳下正明監督が2失点(監督交代後の3試合の結果)です。
 
ワーストと悪い結果にはなっていますが、CBにSBと怪我人が続出してメンバーが揃っていないことは考慮しなければなりません。主力3人が離脱したことは達磨監督としても想定外だったことでしょう。今も3人は離脱中なので達磨監督には今いるメンバーでなんとか改善をしていかなければなりません。監督とコーチ陣そして選手達、お願いします。
 
 
一方、得点は6得点と過去最高の2009年に並んでいます。あの攻撃力を誇った2009年と同じなのです。それくらい攻撃陣については期待が持てるシーズンと言えると思います。
 
とにかく課題は失点の多さです。堅守復活が実現できれば成績は上がっていくでしょう。
 
ちなみに失点のワースト記録である2005年は第4節でも失点を重ね「11失点」となっています。(2番目に失点が多かった2008年も第4節で2失点しており「10」です)万が一、柏戦で3失点をしてしまうと第4節での失点数ワースト記録更新となってしまいます。不名誉な記録更新は阻止しなければなりません。柏戦は堅守復活で無失点を目指してもらいましょう!

スポンサーリンク

 | 2016年3月17日 00:06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは承認制です。