最新記事

プロフィール

管理人:あるびといっしょ
新潟在住のアルビサポです。

一緒にアルビレックス新潟を応援しましょう!!

カテゴリ

タグ

月別アーカイブ

ホーム横浜FM戦 2失点目はオフサイド

2016年3月14日
にほんブログ村 アルビレックス新潟へ

私はレフェリーをリスペクトしているので基本的に文句はあまり言いませんが、今回の件は書いておきたいと思います。
 
判定を巡り激しいブーイングが起こったホーム開幕戦。勝ち越しゴールを許した2失点目についてはあきらかなオフサイドです。
 
【動画】試合ハイライト(問題のシーンは2:33頃~)

 
オフサイドのタイミングは中澤佑二選手がフリック(ヘディング)した瞬間ですが、齋藤学選手は完全にオフサイドポジションにいます。しかも一番ゴール寄りということで誰がどう見てもオフサイドです。
 
20160314_1
 
20160314_2
 
GKが飛び出すとオフサイドラインが分かりづらくなり判断が難しくなると言われますが、このケースは齋藤選手の後ろに視界の邪魔になるような選手はいないので、副審にとっては見やすい状況だったと思います。
 
しかし、中村俊輔選手のクロスをヘディングした選手が誰なのかを副審が見れなかったとすると判断を迷うかもしれません。アルビの選手であればオフサイドではないわけですし。ただ、その場合は副審は主審に合図を送って齋藤選手がオフサイドポジションにいたことを主審に伝えれば良いので、副審としては「オフサイドではない」と判断したのでしょう。
 
オフサイドは難しいですよね…。“一瞬”を見なければならないので本当に難しいと思います。
 
それでも、正しくオフサイドを取っていたら、横浜FMの勝ち越しゴールは無かったことになります。こういうミスで勝ち点を失っている事実があるので、レフェリーはより判定の精度を上げる必要があります。
 
このような判定を正確にするにはビデオ判定を入れるしかないと思っています。しかし、そうなると費用面や試合を一時中断しなければならないなど、現実的ではないのでレフェリーのレベルアップに頼るしかなさそうです。
レフェリー達には難しい課題だとは思いますが、より正しい判定ができるように個人個人のレベルアップをお願いしたいですね。
 
まぁこのシーン。判定に泣いたとも言えますが、齋藤選手をフリーにしたことも問題ですよね。ここでも数的不利の影響はあったと思います。そして守田、飛び出しの判断は正確に!

スポンサーリンク

 | 2016年3月14日 20:12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは承認制です。