最新記事

プロフィール

管理人:あるびといっしょ
新潟在住のアルビサポです。

一緒にアルビレックス新潟を応援しましょう!!

カテゴリ

タグ

月別アーカイブ

フェアプレーを!今季は「反則金」の可能性大…

2015年9月16日
にほんブログ村 アルビレックス新潟へ

昨季、クラブ史上初のフェアプレー賞を受賞したアルビですが、今季は3シーズンぶりに反則金の制裁を受ける可能性が高いです。
今季の反則ポイントはリーグワーストの「89」ポイントです。
(J.League Date Siteより https://data.j-league.or.jp/SFRT07/
 
過去の反則ポイントを振り返ってみます。
 
アルビレックス新潟 反則ポイント
2005 98
2006 87
2007 79
2008 117 ※反則金60万円
2009 75
2010 45
2011 63
2012 104 ※反則金40万円
2013 59
2014 21

 
※2005、2006年シーズンは警告・退場0による減算規定なし
 
反則金を科せられたシーズンは残留争いに巻き込まれたシーズンと重なっています。他のクラブでも反則ポイントが高いと下位に沈むケースは多いです。反則ポイントが多いということは退場や累積警告による出場停止が多いということでもあるので、選手層が薄いクラブはとくに苦しいシーズンになります。
ちなみに、反則が多い=残留争いかというと、他のクラブでは必ずしもそうではないので、アルビだけ強い傾向が現れるようです。
 
 
今季は警告・退場0による減算規定を盛り込んだ2007年以降では3番目に多い反則ポイントとなっています。
27試合消化しての反則ポイントが「89」です。1試合平均だと3.29ポイントとなります。1番高かった2008年が3.44ポイント、2番目に高かった2012年が3.05ポイントです。このままのペースでいくとシーズン終了時の反則ポイントは約111ポイントとなり、反則金が発生する103ポイントを超えます。反則金は40万円ですが、113ポイントからは段階的に反則金が高くなっていくので、これ以上無駄な警告は稼いではいけません。
 
反則ポイントと反則金
103~112 40万円
113~122 60万円
123~132 80万円
133~142 100万円
143~152 150万円
153~162 200万円
163~172 250万円
173~ 300万円

 
 
反則ポイントは一試合で警告が0であれば、累計ポイントから3ポイントを減算する規定があるので、今後フェアプレーで警告0の試合が続けば反則金は免れるかもしれません。
 
今季はいらない警告が多いのが気になります。また、悪質とされ反則ポイントが倍になる「遅延行為」も多いです。(異議・遅延行為の回数はリーグワースト2位)
選手達は激しく当たりに行くので、ギリギリのところでプレイしているのはわかりますが、横浜FM戦のように退場して難しい試合になるのは困ります。次節の神戸戦のように主力が揃わないケースもでてきますし、大事な大事な終盤戦では無駄な警告だけは避けるようにお願いしたいです。
 
 
残留争いの今は内容より結果が大事なので、反則金なんて気にしなくてもよいのかもしれませんが、少数精鋭なので主力が累積警告で出場できなくなることは避けたいです。
 
残り7節、とくに累積警告のリーチとなっている舞行龍、山崎、コルテースは要注意をお願いします。

スポンサーリンク

 | 2015年9月16日 22:01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは承認制です。