最新記事

プロフィール

管理人:あるびといっしょ
新潟在住のアルビサポです。

一緒にアルビレックス新潟を応援しましょう!!

カテゴリ

タグ

月別アーカイブ

【J1 2nd第2節 FC東京3-1新潟】3試合で11失点…また最下位転落

2015年7月16日
にほんブログ村 アルビレックス新潟へ

J1 2ndステージ 第2節 7月15日(水)19:00

FC東京 3-1 新潟

 

【得点】

90分+6 レオ シルバ

 

【スタメン】

山崎  指宿

 

 

康裕         加藤

 

 

小泉  レオ

 

 

コルテース          川口

 

健太郎  舞行龍

 

 

守田

 

【交代】

54分 大井 健太郎 → 大野 和成

 

73分 川口 尚紀 → 成岡 翔

 

76分 山本 康裕 → 鈴木 武蔵

 

【警告】

61分 舞行龍 ジェームズ

開始早々のカウンターであっさり失点。しかもフリーでシュートを許す。後半開始早々の失点もフリーでした。そして、最後のCKはまたまたフリー・・・。森重選手に豪快に決められました・・・。
 
はぁー完敗です。
 
情けないのが3失点ともフリーで決められていることです。1失点目は小泉くんかマサルがマークにいけば防げたかもしれません。2失点目は健太郎がかわされたことが問題ですが、小泉くんも早く状況を把握できていたらマークにいけたはずです。
状況の判断が遅かったです。これが鹿島戦の逆転負けのショックなのでしょうか。
 
健太郎はコンディションが悪かったのですかね。懲罰交代とも取れますしキャプテンなので奮起に期待しています。頼むよキャプテン!!
 
3失点目は舞行龍がマークについていたようですが、これはFC東京のマークの外し方が上手かったです。別の選手にブロックされていました。しかし、あのスペースに誰もいないのは問題だと思うのですが。
 
 
先制を許した後は、FC東京にコンパクトに守られたのでスペースが無かったですよね。あれだけ堅い守りをされたら崩すのは難しいです。それでもチャレンジをして崩そうとしていました。やはり最大の決定機であった山崎のシュートが決まっていたら・・・。
 
最後の最後にPKをもらいレオが1点を返しましたが、厳しい判定だったと思います。手を使ってカズを倒したようにも見えますが・・・。助かった判定でした。
いろいろと不慣れな主審でしたね。主審の三上正一郎さんを調べてみたら30歳と若い主審でした。昨季まではJ2を担当していたようなので、今季J1担当に昇格したようです。
相当に選手から抗議を受けていましたしブーイングも凄かったので、レフェリー人生にとって忘れられない試合になったことでしょう。経験を積んで成長してもらいたいです。
 
 
これで3連敗です。順位もまた最下位に転落してしまいましたし、残留がより厳しくなりました。14位との勝ち点が開いたこともショックです。14位甲府の勝ち点が21なのでその差は「7」です。最低3試合が必要となります。
これは非常にマズイです・・・。
 
2ndステージは堅守復活を期待していましたが、ふたを開けてみたら2試合で6失点と酷いザル守備のままでした。1stステージ最終節の浦和戦を含めると3試合で11失点となります。
 
浦和 2-5
鹿島 2-3
FC東京 1-3
 
これだけ守備が崩壊していたら残留は厳しいです。
 
このままズルズル行くと降格圏から脱出することすら難しくなるかもしれません。
フロントさん、もっと危機感を。

スポンサーリンク

 | 2015年7月16日 06:30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは承認制です。