最新記事

プロフィール

管理人:あるびといっしょ
新潟在住のアルビサポです。

一緒にアルビレックス新潟を応援しましょう!!

カテゴリ

タグ

月別アーカイブ

ラファエルのシュート決定率「16%」

2015年3月24日
にほんブログ村 アルビレックス新潟へ

ラファエルのシュート決定率を調べてみたら「16.6%」でした。
 

シュート数  12
得点 2
決定率 16.6%

(Yahoo! Sportsnavi調べ)
 
昨季の決定率がわずか6%だったので、今季は改善されています。
また、ラファエルは得点とシュート数ランキングでリーグ全体2位タイにつけています。
 
 
得点ランキング
1位 3 武藤 嘉紀(FC東京)
2位 2 ラファエル・シルバ
2位 2 大久保 嘉人(川崎F)
2位 2 宇佐美 貴史(G大阪)
2位 2 大前 元紀(清水)
2位 2 金崎 夢生(鹿島)
2位 2 遠藤 航(湘南)
2位 2 ウイルソン(仙台)
2位 2 オビナ(松本)
 
 
シュート数ランキング
1位 13 大久保 嘉人(川崎F)
2位 12 ラファエル・シルバ
2位 12 レナト(川崎F)
2位 12 ディエゴ(山形)
3位 10 金崎 夢生(鹿島)
 
 
得点ランクトップの武藤嘉紀選手はシュート決定率「42%」と驚異的な数字を叩き出しています。今季もブレイク中ですね。
 
昨季得点王の大久保嘉人選手とラファエルを比較してみると、シュート数で「1」違うだけです。決定率はほぼ同じなので大久保選手と同じペースと言えそうです。
攻撃が売りの川崎Fは別格として、リーグ2位のシュート数は満足です。それだけチャンスを作れているということですよね。素晴らしいことです。
 
たった3試合の成績なのであまり参考にはなりませんが、今後どう成績が変化していくのか楽しみです。
 
ちなみに得点王争いをしていた2013シーズンの堅碁は24%の決定率でした。(大久保選手は20%)
ラファエルが今後、得点王をめざすためには決定率をさらに上げる必要があります。シュート数は申し分ないのであとは最後の精度ですね。
 
エースが覚醒すれば決定率は上がるでしょう。ラファエル期待しているよ!

スポンサーリンク

 | 2015年3月24日 22:48

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは承認制です。