最新記事

プロフィール

管理人:あるびといっしょ
新潟在住のアルビサポです。

一緒にアルビレックス新潟を応援しましょう!!

カテゴリ

タグ

月別アーカイブ

【J1第31節 新潟1-2鹿島】 悔しい逆転負け…

2014年11月3日
にほんブログ村 アルビレックス新潟へ

J1 第31節 11月2日(日)16:00

新潟 1-2 鹿島

 

【得点】

43分 鈴木 武蔵

 

【スタメン】

武蔵  指宿

 

 

康裕         亜土夢

 

 

小林  レオ

 

 

小泉          松原

 

大井  舞行龍

 

 

守田

 

【交代】

67分 鈴木 武蔵 → 田中 達也

 

88分 山本 康裕 → 川口 尚紀

 

88分 田中 亜土夢 → 岡本 英也

 

【警告】

58分 指宿 洋史

 

77分 舞行龍 ジェームズ

大伍に決められるとは・・・本当に悔しい悔しい逆転負けです。
 
前半はアルビペースで試合を支配していたと思いますが、セレーゾ監督の采配にやられました。52分のカイオ選手と中村充孝選手の投入で流れが変わりましたよね。采配が見事的中です。セレーゾ監督恐るべし・・・
 
両者ともに攻守の切り替えが速く、非常に面白いゲームになりました。だからこそ勝ちたかったです・・・
 
 
武蔵の仕掛けが目立った前半でした。とくに右サイドでしょうか、何度も突破を試みてチャンスを演出していました。鹿島の穴だったのでしょう。調べましたが、今節は左SBのレギュラーである山本脩斗選手が累積警告で出場停止だったので、今季2試合目の前野貴徳選手が入っていました。試合経験不足と連携不足を武蔵が上手くつけた形となったようです。
そして見事な先制点!松原→指宿→武蔵と良い形でパスがつながります。冷静にGKの曽ヶ端準選手との1vs1を決めました。ナイスゴール武蔵!
 
武蔵のゴールで勝ちたかったですが、問題は追加点を取れなかったことですよね。
イケイケの前半に追加点が取れなかったことが後半の苦戦につながりました。2点でもあれば多少余裕を持ってプレイできたはずです。何度も言っていますが、やはり決定力不足です。舞行龍に指宿、康裕、レオとチャンスがありましたが決められず。どれか一つでも入っていれば後半を優位に進められたと思います。
 
ラファエルが復帰してベンチに入りましたが、まだ万全な状態ではないのでしょう。追いつきたいタイミングで岡本を投入したので、相手に圧力をかける為のベンチ入りだと思います。ラファエルが出場できる状態であれば、なんとか同点にできたのかもしれません。
 
 
2失点で済みましたが、ピンチも多かったです。守備陣が体を張ってブロックして防いでくれました。頼もしい守備陣達です。拍手!
ただ、失点シーンは反省が必要です。
 
1失点目はなぜフリーの選手を作ってしまったのか、チームで反省して改善してほしいです。マークはレオでしょうか。誰かが中村選手についていれば防げた失点でした。セットプレーの守備は課題ですね。
 
2失点目はレオがビッグチャンスを逃した後のカウンターだったので、守備陣系が整っていない中でのことを考慮すれば、仕方がない部分もあります。大伍をマークしていたのは亜土夢ですからね。小泉くんは逆サイドにいました。
 
レオを責めるつもりはありませんが、2失点目に関してはレオがビッグチャンスを決めていれば生まれていないゴールです。レオはある意味、2失点に絡んでしまったので相当悔しい思いをしているでしょう。FC東京戦は悔しさを晴らすべく、ゴールにアシストと大爆発の予感です。
 
それにしても大伍の狙い済ましたシュート。完璧ですね。守田もあと少しで触れるかという反応をみせましたが、止められず。あのようなシュートを松原も決めて欲しいですね。
 
 
さて、舞行龍が今季4枚目のイエローをもらったことで次節出場停止となりました。
非常に痛い離脱ですが、幸いにも中断期間が3週間あります。その間にカズが復帰してくれればなんとかなるでしょう。カズの早期復帰を願います。
 
 
残り3試合で勝ち点41です。
3試合全て勝ったとしても勝ち点50。最大7位までしか狙えません。
賞金圏内も難しくなり、今節の敗戦は非常に痛い結果となりました。
 
悔しい悔しい負けで中断に入りますが、中断期間中に怪我人達は戻ってくるでしょう。そしてヤンツーさんには決定力アップをなんとかお願いしたいですね。
賞金圏内が難しくても可能性がある限りチャレンジするだけです。
残り3試合全勝しましょう!

スポンサーリンク

 | 2014年11月3日 00:30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは承認制です。